三重・桑名の本格クラフトビール「KUWANA MOCHI-KOMUGI-BEER」で桑名を元気に!

プロジェクト概要

三重・桑名の本格クラフトビール「KUWANA  MOCHI-KOMUGI-BEER」で桑名を元気に!

>このプロジェクトについて
日本にしかないと言われている「もち小麦」中でも、桑名産の「桑名もち小麦」は、2016年5月に行われた「伊勢志摩サミット」の関連行事である「ジュニア・サミット」やイタリア・ミラノで開催された国際博覧会(イタリア・ミラノ万博)でも試食会を実施し、世界から高評価を得ました。国内で消費される小麦の約85%が輸入品のなか、国産小麦である「桑名もち小麦」の存在を広げることで、もっと多くの人に桑名を知ってもらい、桑名に来てほしい・・・・「桑名もち小麦プロジェクト」とその仲間たちにより、地産地消をベースにした地域おこしの取組みが精力的に行われています。
今回のプロジェクトでは、「桑名もち小麦」を主原料としたさっぱりとした味わいのクラフトビール「KUWANA MOCHI-KOMUGI BEER」を製造し、皆様に「桑名もち小麦」のおいしさと存在を知ってもらいたいと考えています。
 
桑名初のクラフトビールで桑名の生産者に還元したい
「桑名もち小麦」でビールを醸造する試みを進めているのは、桑名市の地産品の販売やカフェ事業を営む「保田商店」。もともとのきっかけは、原材料となる「もち小麦」に出会ったことでした。「もち小麦」は日本にしかない品種で、国内でも桑名の他は岩手や青森でしか栽培されていない品種です。直接のきっかけは9年前に津市の生産者がもち小麦の栽培をされていることを知り、それを食パンにしてみたら美味しかったことです。保田商店の代表の保田さんはその味に惚れ込みました。また、「小麦の生産が盛んな岩手や青森でもないのに、こんなに魅力的な小麦があるんだ」と驚いたそうです。桑名もち小麦は生産に手間がかかるため、その生産者は栽培を断念することを聞いた保田さんが引き継いで栽培を始めたのは9年前。今安ライスセンターの米農家伊藤宏幸氏と共同で生産・販売を始めました。

/data/project/131/①.jpg?1481886310/data/project/131/②.jpg?1481886310  

現在、桑名市内三カ所の計七ヘクタール弱で栽培。年間十五トン前後を出荷しており、市内の飲食店でパンやワッフルなどに使われている。その名の通り、もちもちした食感が特徴で「麦の風味がしっかり感じられる」味わいとなっています。

/data/project/131/③.jpg?1481886310/data/project/131/④.jpg?1481886310

同時に、この地域資源に付加価値を付けて販売することで、地元の生産者にも還元したいと考えるようになり、そこで考えたのが、「桑名もち小麦」を利用したクラフトビールの製造のアイディアでした。食パン開発などを通じて「麦の風味がしっかり感じられる」という特徴を掴んでいたため、ビールにその特徴を活かせると考えたのがきっかけです。発案者は「小麦でできることを何でもやってやろう」と考えていた保田商店の保田代表でした。試行錯誤を経て完成したのが「KUWANA MOCHI-KOMUGI BEER」です。
 
KUWANA MOCHI-KOMUGI BEER=キレ・飲みやすさが特徴のエールビール
/data/project/131/⑤.jpg?1481886310
 
麦芽造りはサントリーの子会社「カンバク」(宇都宮市)に依頼し、紹介されたビール工場「栃木マイクロブルワリー」(同)が試作品を醸造しています。「KUWANA MOCHI-KOMUGI BEER」は常温で短期間、発酵させるエールビールです。エールはかんきつや香辛料の風味を付けることが多いが、素材を活かしたかったため試作品にはあえて何も加えませんでした。小麦のビールは甘みがある分、もっさりしてキレがない特徴があります。しかし、「KUWANA MOCHI-KOMUGI BEER」は、甘みを残しつつ、飲みやすさとキレがあるビールに仕上がりました。今後は、他県も含めた飲食店などに「桑名もち小麦ビール」の販売を行っていく予定です。是非ご支援の程宜しくお願い致します!
 
 
  /data/project/131/⑥.jpg?1481886310
  
 
各種メディアにも掲載されています!

/data/project/131/⑦.png?1481887277
 /data/project/131/⑧.jpg?1481887277/data/project/131/⑨.jpg?1481887277
 NHKホットイブニング        CTYニュース

/data/project/131/11.png?1481887277
/data/project/131/12.jpg?1481887277 /data/project/131/13.jpg?1481887277
中部経済新聞社            中日新聞

/data/project/131/14.jpg?1481887682
  伊勢新聞


>プロジェクト応援団からのメッセージ
伊藤宏幸(今安ライスセンター)

もち小麦は今まで民間で生産されておらず幻の小麦と言われ、新食感の商品開発が期待される新しい小麦品種です。「田んぼから、食卓まで」の思いのもと、素性のはっきりした素材であり、その独特の食感は日本人の食文化に適しており、今多くの方に興味を持っていただき洋菓子・和菓子・パン・麺など商品化が進んでおります。

/data/project/131/15.jpg?1481886674

今回の新たな取組である「桑名もち小麦ビールプロジェクト」が成功し、「桑名もち小麦」がたくさんの方に知ってもらえるよう期待しています。
ますます広がる「桑名もち小麦」、
地域の農地を有効に活用し、本当の意味での
『桑名の特産品』をめざします!!
  
プロフィール
素材舎 代表 保田与志彦
/data/project/131/project_owner.jpg?1481886890
1969年 「桑名もち小麦」を栽培している三重県桑名市にて生まれる
2008年桑名にて「桑名もち小麦」の栽培開始。「桑名もち小麦」を食べて貰うための古民家カフェ「MuGicafe(むぎカフェ)」を2014年にオープンさせる。
麦ストローや麦和紙など、今までにはない小麦の利用方法を模索し、本人は下戸でお酒を全く飲まないけれど、「桑名もち小麦」の為に、ビール作りへの挑戦を行う。
 
公式サイト:
http://www.sozai-ya.jp/

最後に、このページをご覧くださったみなさまへ

「桑名もち小麦」と言っても知らない方ばかり。
お餅の様な食感の変わった小麦を、町おこしと共に全国に発信しております♪
もち小麦は、日本だけの変わった品種。全国だけでなく、世界に発信していくのが夢でもありますので、よろしくお願い致します。御覧下さり、ありがとうございました。

フード

Project
by 株式会社保田商店
http://www.sozai-ya.jp/
  • 参加

    46口

  • 参加金額

    ¥368,000

    37%

    目標金額:¥1,000,000

  • 残り日数

    終了

購入済 20口

¥5,000

桑名もち小麦ビール3本

「桑名もち小麦」を主原料とした、キレ・飲みやすさが特徴のエールビール

終了

購入済 21口

¥8,000

桑名もち小麦ビール5本+パンケーキミックス粉5袋

「桑名もち小麦」を主原料とした、キレ・飲みやすさが特徴のエールビールと、ご家庭のフライパンで「桑名もち小麦」のもちもち感を味わって頂けるパンケーキミックス粉のセット

終了

購入済 5口

¥20,000

桑名もち小麦一式セット

ビール6本、パンケーキミックス粉3袋、パンミックス粉3袋、お好み焼きミックス粉3袋の桑名もち小麦一式セット。「桑名もち小麦」を思う存分味わえます。

終了

購入済 0口

¥100,000

桑名もち小麦収穫祭ご招待

毎年6月頃に開催される「桑名もち小麦」の収穫祭へのご招待。刈取りから脱穀、製粉、試食まで味わえます。お帰りの際には小麦穂をプレゼント。

終了

※画像は全てイメージです

ページトップヘ